今日は「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」メックテックシリーズから「DA28 ストライカーオプティマス」をご紹介!

090_000.jpg





ということで、ストライカーオプティマス!ストライカーオプティマスプライムかと思ってたら、正式名称は「ストライカーオプティマス」だった!このオプティマスは日本限定の商品となり、リベンジ時に発売されたリーダーオプティマスを「ダークサイド・ムーン」の劇中のイメージに合わせたカラーに変更したものに、劇中に登場した武器と盾をイメージしたものがセットになったもの。それではいってみましょー。

090_001

パッケージ。日本限定品ということで、いつものシールではなくしっかりすべて印刷されたパッケージ。箱の裏には小さく「For Sale in Japan Only.」と書かれています。

090_002

メックテックカード。イラストは今回用の描き下ろしかな…?メックテックウェポンカードの方は盾はなく、武器のみが描かれています。

090_003

ロボットモード。これまで発売されたリーダーオプティマスに比べカラーが暗めに抑えられ、またフレーム部分はより劇中をイメージした濃い配色となっており、なかなかのかっこよさに!!フレーム部分が落ち着いたお陰で、重量感もアップした感じがしますね。シールドもボリュームがあっていい!

090_004

背面。これまでのリーダーオプティマスはグレーのパーツは1色のみでしたが、今回のストライカーオプティマスは濃いグレーと薄いグレーの2色が使われており、それによってディテール感がアップしています。

090_005 090_006 090_007

3面。モノ自体はカラーリング以外7月に発売された「DA15 ジェットウイングオプティマスプライム」のオプティマスとほぼ同じ(変更箇所は後述)。ファイヤーパターンの印刷は微妙に違ってます。

090_008

バストアップ。リベンジ版から変わる部分は腹部で、ジェットウィング版と同じく「ダークサイド・ムーン」のデザインに変更されたものになっています。また、これまであった日よけプレートのオートボットマークが劇中に合わせてなくなっています。

090_009

腹部のレバーを倒すと、音声とライトギミックが。音声はこれまでのリーダーオプティマスの「I am Optimus Prime」ではなく「We must stop the Decepticons !」と言います。さすがにもう自己紹介には飽き飽きしていたのでこれは嬉しい変更です!

090_053 090_054

ジェットウィング版との造形の違いとして、背中の部分にメックテックの受けの穴があること。これはビークルモードでなんとなく活躍します。

090_055

もう一つ、背中のタンクが今回は変形しません。ですが、リベンジ版リーダーにはなかったディテールがあり、タンク自体は今回用に新しく作り起こされてるっぽい。

090_010

続いて武器。まずは「メガストライカー」。「ダークサイド・ムーン」の劇中でも印象が強かった武器で、終盤の重要なシーンで使われたこともあり、こうしてしっかり立体化されるのは嬉しいですね。

090_012

メガストライカーは真ん中から前後に分離し、それぞれ独立した武器になります。まず前方は「アサルトブラスター」に。いわゆるメックテックウェポンなので、後部の青いスイッチを引くと砲身が飛び出します。スイッチは横に倒すことで固定できます。

090_011

後部は「エリミネーターガン」に。こちらもスイッチを引くと砲身が展開し、スイッチの固定が可能。

090_013

次にシールド。これはショックウェーブ戦で使った盾ではなく、オリジナルのデザインとなっています。これはこの商品の企画中に劇中でシールドを使うことは知らなかったということで、盾が劇中に出てきたことが偶然だった模様。また、このシールドは第1作目のオプティマスの腹部のデザインを踏襲したものになったいるとのこと。

090_014 090_015

盾の持ち方は2つ方法があり、左のように直接グリップを手に持たせる方法と、右のように腕のメックテックウェポンの受けに差してより身体に密着して持たせる方法があります。

090_016

また、シールドを変形させてナックル的な雰囲気にすることも可能。ちなみに、シールド上部の青い部分はスイッチになっており、そこを押すことで両脇の赤い部分が左右に展開します。

090_017

そしてもう一つの武器「バトルブレード」。ジェットウィング版のオプティマスと同様、ブレードがオミットされているのでブレードが欲しい時にはこれが必要。これはトイザらスで3000円以上買うともらえたもので、正直このブレードはストライカーオプティマスには「必須武器」と言えるものになっています。これを最初から商品に付けないとかありえないよ…

090_019

モノ自体はリベンジのリーダーオプティマスの腕に付いているブレードの金型が使用されているようで、それに新規の持ち手が付けられたもの。

090_018

ブレードを手に持たせるとこんな感じ。写真はありませんが腕の部分のメックテックの受け部分に取り付けることもできます。わがままを言えば「ダークサイド・ムーン」では剣のように刃に垂直に持ち手がついた形だったので、それも再現できたらよかったなあ。

090_021 090_022

続いてビークルモード。こうしてみるとビークルは今回の配色変更でかなり暗めな印象になってますね。しかし、このリーダーオプの変形はTF史上屈指の出来だと思う。相変わらずめんどくさいけど…

090_023 090_024

スイッチを押すとエンジン音がなります。これに関してはこれまでのものと変更なし。また、もう一つサウンドギミックとして、変形時に腰部分をはずすとギコガコ音が鳴ります。

090_025

続いて、「ストライカーオプティマス」としてのビークルモード。シールドに武器を装着したものを荷台に取り付けます。

090_026

背面。盾が長い分、ビークルも縦長に。まあ、これはただ乗っけた感じですね。

090_028

続いて本命「バトルビークルモード」。シールドをボンネット部分に取り付け、運転席の左右のパネルを展開し武器を取り付けたもの。なかなかのごつさでかっこいい。

090_029

背面。パネルを展開してるので、中がちょっと丸見えですが、メカらしさが出ててこれはこれでかっこいいと思う。

090_031

正面から。イメージ的には何か武装が付属したものではなく、劇中でバンブルビーやサイドスワイプがビークルで攻撃しながら走っていた時の「変形途中」のような感じ。しかし、凶悪な雰囲気になってます…なんか轢いても絶対止まらなそう。

090_032

横から。オプティマスの煙突部分が倒れちゃってた…

090_033

通常のジェットウィング版のオプティマスと。今回のバトルビークルモードのごつさがよくわかりますね。かっこいい。

090_030

新たに追加された穴にバトルブレードを装着できます。これはバトルブレードの説明書にもかかれているものなんですが、それほどかっこよくはない。

090_034

ジェットウィングオプティマスのジェットウィングを装着することができます。ついでに10月に行われた「ダークサイド・メッキテックキャンペーン」で手に入れた3つのメッキテックも装着してます。こ、これはすごいぞ!!

090_035

真上から。殺る気満々!!

090_042

いろんなリーダーオプティマスと比較。左からバスターオプティマスプライム、ストライカーオプティマス、リベンジ版リーダーオプティマスプライム。質感的には塗装&メッキのバスオプが群を抜いていますが、今回のストオプも色が落ちてるおかげでなかなかの存在感。

090_043

ビークルでも。これもバスターオプティマスがかなり良い感じですが、なんかメッキ部分が黄ばんできてるような気がした…ショック!

090_036

さっき紹介した「ダークサイド・メッキテック」を装備。このメッキテックはストライカーオプティマスに合わせたカラーリングになっており、まさにこのストオプ用のもの。写真は全部メッキテックが展開してますが、実際は固定できません。

090_061

可動などはこれまでのリーダーオプと同じ。肩が前後に動いたり、足の接地面が広いのでいろいろなポーズをとらせることが可能です。

090_058


090_057


090_048


090_062


090_047

盾がなかなかはったりがきいてていい感じ。劇中のデザインとはだいぶ違いますが、とても満足度高し!

090_052

バトルブレードと盾の相性も抜群!

090_040

劇中のショックウェーブ戦をイメージした感じに。う、うーんあまり雰囲気でてないな…

090_046

二丁拳銃で。

090_045


090_051


090_049


090_050

バトルブレードがかっこよすぎる…これまでのリーダーにも付いてたけど、手持ちで伸びたぶんかっこよく見えるのかも…?

090_063

ジェットファイヤーとジェットウィングのガトリングとほか色々つけてフル装備に…!もうなんでもこーい!!

090_060


090_056

以上、「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」メックテックシリーズから「DA28 ストライカーオプティマス」でしたー!最初は「豪華塗装版」という情報があったので、それを期待していただけに、成型色だと分かった途端「何度目のリーダーオプだ!!」と食傷気味だったのですが、実際買っていじってみるとリーダーオプティマスそのものの出来の良さにに加えて、このカラーリングが非常に良い感じでかなり気に入ってしまった…アサルトブラスターとシールド、そしてトイザらスバトルブレードとの組み合わせで生まれる様々なかっこいいポーズが素晴らしい!これがこれまでのカラーのオプティマスで試してみるとこうはかっこよくならず、今回のカラーリングが非常に効果的なことが分かります。

欠点を上げるとすればデフォルトでバトルブレードがついていないこと!!!キャンペーンのやり方も新商品の発売から1日ずらすという訳のわからない…というか、1日目で新商品がはけて2日目はほかの在庫買えよ!って言ってるようにも思われても仕方ないやり方。実際管理人はキャンペーン初日にに2店舗見たけど新商品がすでに売り切れておりバトルブレードはもらえず、次の日に電車で1時間かけてちょっと田舎のトイザらスに買いに行くという事態に(愚痴ですが…)。メックテックの色替などはまだしも、ここでしか手に入らない!というものをこういうやり方で配るのは出来ればやめて欲しい…いや、イベントになって楽しいとも思えるから複雑なところなんですけどね…

ともあれ、このストライカーオプティマスが非常によいものであることには変わりありません!何度も出しなおされてるけど、パーツの合いがおかしいとかもないし、これまでリーダーオプティマスを触ったことのない人は是非手にとって欲しい逸品です!もうしばらく「ダークサイド・ムーン」商品は出ますが、このストライカーオプティマスは大型商品としてこの長い多々買いの締めくくりとしても相応しい商品だったと思います。ジェットウィングたけー!とか、場所ねー!って人も是非。