2012年09月12日

レビュー:TFジェネレーションズ オートボットスプリンガー

今日はアジア限定TRANSFORMERS GENERATIONSシリーズから、「オートボットスプリンガー」をご紹介!スプラング!

133_000.jpg



ということで、アジア限定のジェネレーション版デラックスクラスのスプリンガー(日本名:スプラング)です。このアジア限定ジェネレーションズとは、その名の通りアジア圏(日本除く)の地域で限定販売されているもので、主にリペイント+新規頭部でこれまで出ていなかったG1キャラをたくさん出してしまおう!という野心的なシリーズ(今現在はアメリカやカナダでも販売されている模様)。その中の一つであるスプラングですが、これまでこのいわゆるクラシックから続くものとしては、ユニバースシリーズでGFライブコンボイのリペイントで一度出ていますが、これまであまり現ぐかには恵まれてはこなかったキャラクター。そんなスプラングが今回はリベンジ時のオートボットアライアンスシリーズのトマホークのリペイント+新規頭部で発売となりました。それではいってみましょー!

133_001.jpg

パッケージ。これまでのジェネレーションズのパッケージと同様のデザイン。イラストは新たに書き下ろされたものになっています。今回自分が購入したものは特にアジア限定を示すようなものはなく、表記は全て英語。

133_002.jpg

ロボットモード。もともとのトマホークが独特な鳥足スタイルということもあり、若干違和感は感じるものの、誰が見てもスプラングであることが分かる感じに。劇中よりもスリムな感じはしますが、なかなかよいリペイント品だと思う!

133_004.jpg

背面。ミサイルの安全対策がなんとも邪魔な感じはしますが、それ以外はスッキリした感じに。まあ、ヘリのローターは仕方ない。

133_005.jpg 133_006.jpg 133_007.jpg

3面。最近のアームズマイクロンに慣れてしまうと、なんかすごいカラフルで豪華な感じがしてしまう…スタイルはさっき言ったように独特ですが、バランスは悪くない。

133_008.jpg

顔はなかなかのイケメン!劇中はもう少し角ばった顔だった感じはしますが、ボディのデザインに合わせて丸みのある感じになっています。

133_031.jpg

地域限定品とかはよく集光ギミックが死んでることが多いですが、非常に良好。

133_009.jpg

ヘリモード。G1アニメの形状とはだいぶ違いますが、カラーリングでよく雰囲気は出ていると思います。

133_010.jpg

背面。テール部分のハマリがトマホークに比べて若干ゆるくなってたのがちょっと気になったかな。ちなみにスプラングはトリプルチェンジャーでしたが、今回のジェネレーションズ版は当たり前ですがヘリにしか変形できません。

133_012.jpg

ウィング部分のミサイルポッドにはC型ジョイント(懐かしい響き)がついているので、各部にある受けに取り付けることができます。

133_011.jpg

機首のバルカン?部分は左右に動かすことができます。

133_013.jpg

リペイント元であるオートボットアライアンストマホークと比較。顔のデザインが全く違うことと、色合いもかなりカラフルになっているので同じ玩具と認識するまでちょっと時間掛かる感じ。

133_015.jpg

横面。スプリンガーは腕の位置にオートボットマークが来るようになっています。

133_016.jpg

背面。

133_017.jpg

ヘリモードでも。

133_018.jpg

背面。

133_019.jpg

続いて我が家にいるもう一人のスプラング、FansProjectのウォーボット(非正規品)と比較。ウォーボットは劇中に合わせてかなりゴツ目な感じになってますね。久しぶりに触ったけど、遊びにくさはありつつもよく出来てると思うなあ。

133_020.jpg

ヘリモード。ウォーボットはトリプルチェンジャーを実現しており、そのうちひとつのヘリモードと比較。劇中イメージではもちろんウォーボットが近いんですが、今回のものも負けずとスプリンガーらしさを醸しだしてますね。

133_021.jpg

「2010」組がなんか揃ってきたぞー!ちなみにチャーはiGearの頭部パーツ(非正規)を使用してます。後ろのウルトラマグナスは言わずもがな。あとはアーシーとしてなにかお迎えすれば…

133_022.jpg

武器の一つであるブレード。劇中ではローター部分が変形して剣になりますが、今回は新規で独立した剣として作成されています。ちなみに、このブレードはヘリ時は余剰になります(ミサイルをC型ジョイントで繋げば、ウィング部分にはつけれる)。

133_023.jpg

腕部分の尾翼部分が開閉してクローっぽい武器にも。

133_024.jpg

ミサイルポッドは手に持たせることも可能。ちょっとゆるいけどね…

133_025.jpg

C型ジョイントに装備。以下写真続きまーす。

133_028.jpg


133_026.jpg

細身なスプラングもかっこよく感じてしまう不思議。

133_027.jpg

独特なフォルムをしていますが、可動は結構優秀。

133_029.jpg


133_030.jpg

以上、アジア限定TRANSFORMERS GENERATIONSシリーズから、「オートボットスプリンガー」でしたー!「2010」では結構なメインキャラだったに関わらずあまり玩具化に恵まれなかったスプラングがこうして公式で発売されたことが純粋に嬉しい。若干劇中のイメージとはスタイルが違うけど、顔の造形はいいし、カラーリングも上手くスプラングを再現しているのもよいです。元の玩具であるトマホーク自体がよい玩具ということもありますが、変形もきっちりしていて遊びやすいです。ただ個体差だと思うけど、ジョイントが緩かったりして、その辺は金型を使いまわされたリペイント品の悲しい運命なのかもしれません。もちろんトリプルチェンジャーじゃないのは残念だし、あとやっぱり個人的には「Last Stand of Wreckers」版のスプリンガーを是非とも新規ジェネレーションズラインで作って欲しい!とかはあるけど、リペイント品としては非常に満足の行くものだと思います!


このエントリーをはてなブックマークに追加
おもちゃ・玩具ランキング

posted by hhh at 02:57 | Comment(2) | TF GENERATIONS
この記事へのコメント
近年のTFのリデコセンスには本当に驚かされますが、これまた素晴らしいアイテムが!
配色がうまく、他の2010組と並べても違和感がないですね。

また偶然なのでしょうが、スパリンのスプラングと比べると胸に機首、肩に武装と意外に共通点があったりして、おお!となっていましたw

こうなるとアーシーも欲しくなりますねー。
近年はアーシーのリリースも増えましたが、G1の印象からはちょっと離れたものが多いので、是非とも新アイテムとして登場してほしいものです♪
Posted by kotomi at 2012年09月14日 11:11
>>kotomiさん
これだけはどうしても欲しかったんですよね!
イベントで同じくクリフジャンパーと抱き売りだったのですがw

リペイントでそのキャラに見えてしまうののは、
トランスフォーマーファンのよいところでもあり悪いところでもありますねw
けど、ホントにこのスプラングは実物触ると予想以上にスプラングでした!

アーシー、是非作って欲しいですが、
今のジェネレーションズラインだと、なんかやすっぽくなりそうで悩みますw
Posted by hhh(管理人) at 2012年09月26日 00:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。