2013年01月21日

レビュー:TFプライム ビーストハンターズ サウンドウェーブ

今日は「トランスフォーマープライム」から「ビーストハンターズ サウンドウェーブ」をご紹介!!

150_000.jpg



ということで、「トランスフォーマープライム」の第3シーズンである「ビーストハンターズ」版サウンドウェーブです!このサウンドウェーブは、Robots in Disguise(アームズマイクロン)版のサウンドウェーブのリデコ商品となっており、派手なカラーリングと重武装となっているのが特徴。「プライム」本編ではメガトロンの右腕としてクールに活躍し、玩具もRID(AM)版の時点で非常に評価の高いサウンドウェーブがはたしてどうアレンジされているのか!?それではさくっといってみましょー!

150_001.jpg

パッケージ。ロボットモードで収納されています。付属の武器やラヴェッジもしっかり見えるようになっているのがいいですね。

150_002.jpg

ロボットモード。まずなによりも目につくのがこのカラーリング!ベースはサウンドウェーブの元のカラーのようですが、ボディの青と、刺し色の黄色がビビットすぎる!肩周りの茶色?もなかなか独特で、それらが組合わさることで、なんともカオスな雰囲気に…なんでこの色になったのか!?形状としては元々細身のサウンドウェーブですが、追加されたアーマーより逞しく見えますね。

150_003.jpg

背面。RID(AM)版の外装部分がアレンジされスマートながらゴツさを兼ね備えたデザインに。

150_004.jpg 150_005.jpg 150_006.jpg

3面。各パーツが無駄に色分けされているおかげで、このサウンドウェーブがいかに細かくパーツ分けされているのかがわかります。また、ほぼRID版と同じ各部に軟質パーツが使用されています。

150_007.jpg

バストアップ。頭部も若干アレンジされて、目?の部分も黄色に塗られています。ただ、塗装の制度がそれほど高くなくてボケ気味になっておるのは残念。しかし、角まで黄色になってて、ストライクガンダムみたいだな…

150_013.jpg

胸部分にはラヴェッジが装着されており、イジェクトすることが可能。小さいながら、細かくパーツ分けされており、なかなかかわいい。

150_014.jpg

しかし、足部分が茶色のおかげで熊とか別の動物に見える…

150_025.jpg

もちろんRID(AM)版のレーザービークを装着することも可能。

150_008.jpg

続いてビークルモード。ド派手な無人偵察機に変形。元のサウンドウェーブは実在の無人偵察機をイメージしたものになっていましたが、今回のアレンジで旧にファンタジー色が強くなった感じがしますね。ちなみに、先端部分は相変わらずの軟質素材。

150_009.jpg

背面。ここでも黄色がこれでもかと主張。

150_010.jpg

武器を装着。

150_011.jpg

下部にも装着することができます。これ、なにか見覚えがあるなーと思ってよく考えたら、「アインハンダー」(PS時代のスクウェアのSTG。なにげに名作)だった…

150_012.jpg

付属の武装を分けるとこんな感じ。

150_016.jpg

アームズマイクロン版「AM-09 サウンドウェーブ」と比較。やっぱりまずは色の差に目が行く!他の大きな差としては、ラヴェッジによりボディのボリュームがアップしていることと、腕周り&足回りの外装がゴツくなっていることでしょうか。

150_017.jpg

正面。なにげにいろんなところが変更されており、使い回されているパーツの方が少ないんじゃ?と思うほど。

150_018.jpg

横面。

150_019.jpg

背面。

150_020.jpg

武器は「タロングラップルキャノン」。スプリングギミックで先端のミサイルアームが飛び出しますが、そのミサイルアームと武器が紐でつながっているのが特徴。

150_021.jpg

先端のアーム部分は開閉可能。以下、写真続きまーす。

150_022.jpg

可動は元のRID(AM)版とほぼ変わらず。

150_029.jpg

「プライム」本編では意外と格闘強いことも判明。いつも静かな分、キレると怖い的な。

150_023.jpg

ラヴェッジと。

150_024.jpg

カセットロン?2匹と。心なしかサウンドウェーブが楽しそうに見える…

150_028.jpg


150_027.jpg

武器は捕まえてデータを吸い出す、みたいな使い方をするみたいです。

150_026.jpg

以上、「トランスフォーマープライム」から「ビーストハンターズ サウンドウェーブ」でしたー!玩具自体はもとのRID(AM)版の実績があるので心配はしていませんでしたが、やはり気になっていたのはそのカラーリング。キャラ的にも合ってないし、ビビットすぎるだろ…と発表当初から思っていましたが、実物でみるとなかなかのインパクト。ただ、「ビーストハンターズ」に合わせられたデザインにリデコされており、その分ファンタジー色が強くなっているので、これはこれでアリかも…と遊んでるうち思うようになりました。この姿のサウンドウェーブが果たして劇中に出るかというと、かなり謎ではありますが、純粋にキャラのパワーアップした姿にはワクワクするし、それにこのパワーアップしそうにもなり情報参謀のサウンドウェーブがチョイスされたのはとてもよかったと思います!日本版の発売もほぼ確定のようで、日本版ではどんなカラーリングになるか楽しみですね!




このエントリーをはてなブックマークに追加
おもちゃ・玩具ランキング

posted by hhh at 02:09 | Comment(2) | TF プライム>BEAST HUNTERS
この記事へのコメント
キタコレェエエエ!
確かにファンタジー色強くなってますが、なんというか黄色がすごいですね(笑)

ラヴェッジを搭載?できるだけでもポイントがかなり高いと思いますww
Posted by 反乱しないトリプルチェンジャー at 2013年01月21日 02:47
>>反乱しないトリプルチェンジャーさん
色は本当にすごいですwどういう意図でこの配色にしたのか謎すぎますw

ラヴェッジはなかなかかわいいですよ。
うまく収納出来るようにできてて楽しいです!
Posted by hhh(管理人) at 2013年01月30日 22:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。