2013年05月26日

レビュー:トランスフォーマーGT GT-Rプライム

今日は「トランスフォーマーGT」シリーズから、「GT-01 GT-Rプライム」をご紹介!

178_000.jpg



ということで、新シリーズ「トランスフォーマーGT」から「GT-Rプライム」のレビューです!正確には「トランスフォーマー ミッションGT-R」というシリーズ名で、国内最高峰のモータースポーツイベント「SUPER GT」とのコラボレーション企画となり、実際にレースで走る車(今回は「MOTUL AUTECH GT-R」)をトランスフォーマーにしちゃおう!というもの。モノ的には2009年に発売された「オルタニティ」シリーズのなかの「NISSAN GTR/コンボイ」のリデコ&リカラー品で、それに実際のレースクイーンをモデルにしたフィギュアが付属します。しかし、価格は10,500円(税込)となり、オルタニティGT-Rコンボイのほぼ2倍の価格…レースクイーンフィギュア分高いのか、レースチームに付いているスポンサーに払わなければいけない何かがあるのかは分かりませんが、なかなか冒険心あふれる値段となっています。果たしてこのGT-Rプライムは値段分満足させてくれるのか!?それではいってみましょー。

178_001.jpg

パッケージ。紙のボックスで、中のGT-Rプライムとレースクイーンフィギュア「MISAKI」が外から見えるようになっています。

178_002.jpg

まずはGT-Rプライムのロボットモードから。全身に施されたプリントが非常に見栄えがいいですね。「ダークサイド・ムーン」で登場したレッカーズを彷彿とさせるような雰囲気。ベースはオルタニティGT-Rコンボイですが、何気に外装はほとんど新規につくり起こされており結構新鮮に感じます。

178_003.jpg

背面。変形機構はまんまオルタニティなので、そのときから気になっていた背面の背負いものはまんま。ただプリントのおかげでこれはこれであり何じゃないかとも思えてくる。

178_004.jpg 178_005.jpg 178_006.jpg

3面。そもそもオルタニティのコンセプトがバイナルテックをデラックスクラスで再現する、というものだったので構造もかなり複雑で、そのおかげで可動やバランスが犠牲になっている欠点がありました。今回もそれはそのままで、短い腕、立たせにくい脚は健在。特に立たせにくい(後ろに倒れやすい)のは本当にイライラするからせっかく新規パーツあるんだから直してほしかった…

178_007.jpg

頭部も完全新規。デザインはなかなかカッコいいし、塗り分けもキレイ。ちなみに設定としてはコンボイその人のようです。

178_018.jpg

武器はレースのチューニングに不可欠な「インパクトレンチ」をモチーフにした銃が付属。

178_019.jpg

そしてもう一つ、腕から武器を展開。もともとのオルタニティの時からあるギミックですね。

178_008.jpg

続いてビークルモード。SUPER GTではレーシングチーム「NISMO」のレーシングカーとして実在する「MOTUL AUTECH GT-R」がモチーフ。塗装されたボディにスポンサーステッカーが忠実に再現されており、カーモデルとして飾ってもよい出来映え。これはなかなかカッコいい。

178_009.jpg

背面。レーシングカーらしく大きなウイングが特徴的。

178_035.jpg

前面。前面のパーツのずれはもう少しちゃんとなります…ごめんちょ。ニッポンを元気に!

178_036.jpg

側面。ステッカー達がかなり細かく、キレイに印刷されてていい感じ。タイヤもレーシング仕様となっており、タイヤの側面やホイール部分にもプリントが施されています。

178_037.jpg

背面。GT-Rのひとつの特徴でもある丸いテールライトもクリアパーツで再現。

178_038.jpg

ちなみに実際の「MOTUL AUTEC GT-R」はこんな感じ。実車はもっと平べったい感じなのね。


178_033.jpg

ボンネットが開きエンジンルームも再現されています。果たしてエンジン部分がどれだけ再現されているかは不明ですが雰囲気は出てますね。

178_034.jpg

ドア部分も開閉。運転席はオルタニティ版と同じなので、おそらくレーシング仕様のものは全然違うんでしょうね。

178_010.jpg

武器を取り付けることも可能。

178_011.jpg

…と言っても、ウイング部分にさすだけ…これで合ってるのか!?

178_012.jpg

ということで、オルタニティ版GTRコンボイと比較。ステッカーのおかげで結構雰囲気違って見えますね。

178_013.jpg

前面。顔は今回のGT-Rプライムのほうが小顔で、そのおかげで頭身も違って見えます。

178_014.jpg

横面。なんかオルタニティは股間接がゆるゆるになってまっすぐできないようになってた…

178_015.jpg

背面。

178_016.jpg

ビークルでも。ビークルの外装は今回すべて新規になっているのが分かると思います。

178_017.jpg

背面。

178_020.jpg 178_021.jpg

つづいてレースクイーンフィギュア「GT-SISTER」の「MISAKI」。ミクロレディ素体ver.2ミクロシスターをベースとしたものとなっています。(コメントでご指摘いただきました。ありがとうございました!)

178_022.jpg

手のパーツは差し替えが出来、全部で4種類あります。

178_023.jpg

武器を持たせることも可能。

178_039.jpg

ちなみに「MISAKI」のモデルとなったレースクイーンの高橋美咲ちゃんはこんな感じ。きゃわわ。


178_032.jpg

ヒューマンアライアンス付属のフィギュアと比較。

178_024.jpg

並べるとこのくらいのサイズ比。

178_028.jpg

ビークルではこのくらい。実際の対比でみると相当人間が大きい。以下、写真続きまーす。

178_027.jpg


178_029.jpg


178_030.jpg


178_025.jpg

可動は悪い!ってほどではないんだけど、塗装個所が多いから気を使って動かさないといけないです…

178_026.jpg


178_031.jpg

以上、「トランスフォーマーGT」シリーズから、「GT-01 GT-Rプライム」でしたー。モノはオルタニティ版コンボイまんまで、そのときに感じた不満部分など解消は全くされておらず、あくまで「MOTUL AUTECH GT-R」の再現にこだわった玩具となっています。なので、SUPER-GTファンや、NISMOファン補正が入れば価格に見合ったものかもしれません。ただトランスフォーマーファン的な立場で見ると、ビークルモードのクオリティはすばらしく、レースクイーンフィギュアも思ったよりかわいいくて絡ませて遊ぶと楽しいですが、やっぱり「高い!!」と感じざるを得ません。しかもこの後「トランスフォーマーGT」として発売されるメンバーも全員おなじ「GTRコンボイ」をベースとしているとなると、キャラに強い思い入れか相当なモチベーションがないと集められないと思うし、SUPER GTファンから新しいTFファンを作るにしてもやっぱりこの値段は高いんじゃないかなあ…コンセプトとしては面白いし、ほかの実際のレーシングカーがTF化するなら嬉しいけど、新規で作り起こさなきゃだから難しいのかなあ…ミクBMV出たらみんな買うよ!!


このエントリーをはてなブックマークに追加
おもちゃ・玩具ランキング
posted by hhh at 16:50 | Comment(3) | トランスフォーマーGT
この記事へのコメント
レビューお疲れ様です。
私も購入したのですが足の後ろ部分?テールランプの接続部だと思います、そこと足首が上手く付かなくて苦戦しています。
印刷も細かいですね。なので変形時は注意してます。
塗装のはげが怖いです。
Posted by キッド at 2013年05月26日 19:36
私は購入しようか迷っています

先日別れた彼女と同じ名前&似ているのでw

Posted by にらたま at 2013年05月26日 21:57
レディ2素体ではなくシスター素体ですよ
Posted by 通りすがり at 2013年05月26日 23:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。